遺言相続問題なら神田・淡路町・小川町の弁護士へご相談ください

林・有坂・伊藤法律事務所

遺言コンサルティングサポートのご提案

遺言を書くにあたって、このようなことをお考えではありませんか?

・自分が遺言を作ったことが原因で家族間のトラブルになってほしくはないのでトラブルを回避できるような遺言の内容を、相続トラブルを多く見てきた弁護士といっしょに考えたい
・相続対策に遺言を書きたいが、内容について旨い案が思いつかず弁護士のアドバイスが欲しい
・遺言を書こうと思ったけど、どんな内容にしたらいかわからないので、専門家にアドバイスを受けた上で書きたい

「事前にきちんと遺言内容の助言をあおいでおけばよかった・・・」

遺言は書いたけど、自分が亡くなった後に取り分が少なく不満に思った子が、一番多くもらった子に最低限の自分の取り分を要求して、残された家族がバラバラになってしまうこともあります。
遺言はあっても分けた財産に漏れがあって結局残された家族が相続手続きをし直さなければならなくなることもあります。
また遺言を書いても、作成のときに立ち会っていなかった親族から判断能力を争われ遺言が無効になってしまうこともあります。

当事務所はお客様にそのような思いをして欲しくはありません。
そのため、当事務所では単に希望する遺言書の代書をするだけの業務ではなく、お客様がお亡くなりになった後に後悔しない最適な遺言を作成するための「遺言コンサルティングサポート」を用意させていただきました。

遺言コンサルティングサポートとは

遺言コンサルティングサポートとは、希望する内容の遺言の代書だけをするにとどまらず、弁護士が、お客様の家族の状況や財産の状況、遺産の行き先や配分についてのご希望を丁寧な聞き取りにより把握し、過去の相続トラブルの事例も考慮したうえで、相談者様に最適な遺言書の内容を提案し、実際の作成を実施するサポートです。

「家族が相続トラブルにならないような遺言書を作ってほしい」
「自分の家族・親族、財産の状況に最適な遺言書を作って欲しい」
「遺言内容について、相続トラブルを多く見てきた弁護士からアドバイスが欲しい」
といった方におすすめのサポートとなっております。

サポート内容

①相続人予定者の調査を行います
 出生からの戸籍を全て取得して相続人と法定相続分を確認、相続人関係図を作成。

②相続財産の調査を行います
 現在保有している不動産や預貯金、株式、投資信託、債券、負債をリストアップ、登記等を取り寄せ、評価も調査。遺産目録を作成します。

③相談者様をとりまく親族関係と財産の現状について聴き取り把握します

④相談者様の財産の行き先や配分についてのご希望の確認、それに伴い予想される親族トラブル(リスク)の確認をいたします。

⑤相続税の支払いが想定される場合、ご希望の分け方が相続税の支払いが重くなる分け方とならないか、その対応方法の検討を、提携している相続税に詳しい税理士と相談しながら行います。(税理士側で計算が必要となる場合別途相談費用が発生します。)

⑥予想されるリスクに対応したオススメの遺言の内容をご提案します

⑦相談者の判断能力残存資料の探索・残します

⑧遺産を受け取る人が先に亡くなったときの予備的遺言や付言事項も確認します

⑨公正証書遺言作成に必要な手続きを全て代行

⑩遺言書(公正証書遺言)の作成

⑪遺言書を作った後に起こりうる将来的な注意点のご案内

⑫亡くなられた後の遺族などへの配分の手続き(遺言執行)も依頼可能
 遺言内容をお亡くなりになられた後に確実に実現するために、専門家である当事務所の弁護士が遺言執行者となり、死亡後の遺言内容の実現(名義変更・解約・売却・各相続人への分配等)まで責任をもって行います。

単に遺言書の作成を代行するような業務ではなく、お客様が後悔しない最適な遺言書を作成するためのサポートです。

遺言コンサルティングサポートの費用

相続財産の価額 費用
2000万円未満 15万円+税~
2000万~4000万円未満 20万円+税~
4000万~6000万円未満 25万円+税~
6000万~8000万円未満 30万円+税~
8000万~1億円未満 35万円+税~
1億円~ 要見積もり

※公正役場での公正証書作成手数料が別途かかります。
※公証役場への証人同行費用 2万円+税

遺言執行の際にお見せする遺言ビデオレター作成サポート

動画で遺言書だけでは伝えきれない自分の思いやメッセージを遺族の皆様に伝えることができます。財産の分配の理由を動画で残し、遺言を見た相続人間で揉めてしまうリスクを軽減することができます。

別途 5万円+税

当事務所職員が撮影、遺言執行時に相続人に動画を公開

遺言執行の費用はこちら

この記事の監修者

弁護士 有坂 秀樹(東京弁護士会所属)

■ 専門分野
相続など家事事件

■ 経歴
東京大学法学部卒業。2001年に司法試験合格。2003年に弁護士登録後、銀座での事務所勤務を経て、2005年から約2年間秋田県能代市の法律事務所に赴任。帰京後、2011年に林・有坂・伊藤法律事務所を開設。相続、不動産トラブルなど、家事・民事事件を多く取り扱う。相続財産管理人・成年後見人も多数経験。弁護士歴15年超、親身で丁寧な聴き取り、分かりやすい言葉での説明をいつも心がけています。

遺言書の作成のご相談は相続に強い当事務所にお任せ下さい。

お悩みの際は、まずご相談ください

「これって弁護士に相談しなきゃいけないこと?」と不安に感じたら、すぐにご連絡ください。